読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろちゃん日記

高専・留学相談室・帰国子女・勉強法・ライフハック・地域情報・趣味

今週出会った名言3選

ごめんなさい、長いこと、ブログを更新していませんでした!

 

いろいろやらなければならないことが詰まっていて、ブログ外のことをやっているうちに放置していた。
しかし、ブロガーにとって見れば12日間も放置することは、ありえないことかもしれない。
反省。

 

 

https://www.instagram.com/p/BPPbt9SgMS2/

「闇落ちの図(本人)」

 

 

でもね、理由(言い訳)はある。

 

  • 自分の言いたいこと(アウトプット)を発信することよりも、自分の知識を深めること(インプット)を重視していた!
  • 尊敬する人の経歴、企業情報、進路、そして、特にプロブロガーの記事を、サーチしまくった!

 


「そうだ、俺もブログ書いとるやん。」

ふと私がブログを開設していたことを思い出した。

そして、他人のブログ読んで感動している自分を俯瞰的に見て、
ブログっていうアウトプットの場いいな!と、改めて思った。


この記事では、今週インプットして考えさせられた、そんな名言3選について、まとめてみた。

 

 

 

 

 

 

忙しいは言い訳だ!忙しいと言うな!


グサッとくるね〜(笑)
しかも、「忙しい忙しい!」と連呼している人に限って、全然忙しくなかったりする。
結局自分に言い訳をして、肯定してしまっているだけ。自分に甘えているだけなんだと、自覚しよう。

いろいろいそがしかった!と言い訳はできるが、時間がなかったから・・・
と言い訳していたらいつまで経ってもできない。

 

 

いつやるの?今でしょ!(古い)

思い立ったときに行動しないと、ツキは逃げてしまう。
やりたい!行動したい!と心から動かされているときに行動しなければ冷めてしまう。

 

ロケット打ち上げを想像してみよう。

ロケットは非常に高額なもので、打ち上げに失敗すればお金だけではなく、人の命まで危険に晒すことになる。

 

しかし、風が強いからといって、天気がすぐれないからと行って、宇宙飛行士の体調が悪いからと言って

 

カウントダウン

10・9.8・7・6・5・4・3・2・・・・・やめた!!とはならないよね!

 

「あ、やっぱりだめかもしれない。」

そんなことグタグタ考えずに、とりあえず打ち上げてみよう。

 

 

https://www.instagram.com/p/BPRBM_6Au_Z/ 

 

この言葉は、私の友人であるないないが言った言葉だ。

 

彼と私は、因縁の仲。(国語辞典を調べて、仲が悪いという意味ではないよ)

 

別に示し合わせているわけではないのに、すごくよく一緒になる!

それでいて、私は彼からいつも刺激をもらっている。彼のライフハックや考え方、そしてコミュ力からはいつも何か盗めないかと思っている。

 

そして今回は、彼が私に刺激を受けてブログを初めたらしい(笑)

よかったら見てあげてね〜

 

  

nainaism.hatenablog.jp

 

実は、彼にどちらがPV稼げるか宣戦布告を受けた。でもね、くろちゃん日記は(1/17現在)毎日右上がりで250PVだから負ける気がしないんだな〜(^o^)(^o^)

とか言ったりして。 儲けはゼロ円です。

 

 

名言1まとめ

  • 忙しくても、他のタスクで手がいっぱいでも、とりあえずやってみる
  • 忙しいからを言い訳にしない
  • 自分に甘えているだけだから

 

 

次の名言は、夢を実現する具体的方法について。

 

 

 

 

 

 

 

 

夢をかなえる時間バランス:20対80の法則

 

jmatsuzaki.com

 

 この人、頭おかしいんじゃないかと思った(笑)

 

だって、最初の挨拶は「私の愛しいアップルパイへ」だし、結びの言葉は「貴下の従順なる下僕 松崎より」だから。これをおかしいと言わずして何をおかしいと言えよう。

 

でも、ブログの内容を読むとすごく博識なことが伝わってくるし、このようなおかしな挨拶をすることにも理由があるのだとわかった。私はこれほど突き抜けることはできないが、見習えるところは見習いたいと思った。

 

でも実際、

挨拶が「私の愛しいラムレーズンへ」結びの言葉が「貴方の従順なる下僕 くろちゃんより」のほうがいいですか??

 

 

f:id:taku00:20170117231358p:plain

 

 

生活の中から20%だけ夢に貢献する時間を捻出することができれば、現実に風穴をあける切り札になる。(jMatsuzaki)

 

本題に入ろう、夢の叶え方、それも実践的なところについて語っている。
どうやって時間を使えば、自分の理想とする生活に近づけるのか。

 その理想的な時間バランスについて、指標と実体験を用いて説明している。

そのバランスとは、

 

夢 2

その他 8 

 

学生も、社会人も、自分の時間をフルで夢の実現のために使うことはできない。

でも、それで夢への努力を怠ってしまうのではなくてせめて、時間の20%使おうと言うのがjMatsuzakiさんの主張だ。

 

夢への努力には、いろいろなアプローチの仕方がある。

例えば、練習をしたり、本を読んだり、人にあったり、ブログを書いたり・・・

それらを1週間で33時間行う時間を設ければ、夢への到達も可能となる!

 

そして、この時間を設けることの最大の目的は、自分自身を敬っていることだと思う。

誰でもかならず抱いたことのある「夢」を諦めずに自分のやりたいことを自分にやらせる、心の幸福度を高めることにつながる時間になるのではないだろうか。

 

名言2まとめ

  • 生活の中の20%を夢の実現のために使おう
  • 夢へ努力することは自分自身の心の幸福度を高める

 

中毒性がヤバイjMatsuzakiさんのブログ。ぜひ!

jmatsuzaki.com

 

最後の名言は、ブログは絶対書いたほうがいいと思う理由について!

 

 

 

 

 

 

自分を発信していれば肩書がついてくる

 

 

www.amamiyashion.com

 


最後はこれだ。
自分のことを「尖ってる」と言っているが、僕には記事の主張が8割がたまっとうに聞こえてしまう。これは、雨宮さんと同じで私が外国人型思考をしているのかと思ったり。

 

普通なら突っ込めないようなことをズバズバ言ってのける人で、読んでいて爽快感がある。
その他にも、文才があり、読者を引き込ませる文章の書き方をしていると思う。

 

以上の点から、僕は彼女をブロガーとして尊敬しているので見習って書いていきたいと思う。

 

 

https://www.instagram.com/p/BPKsqctgaGS/

 

 

セルフブランディング

この単語は、今、自分の中ですごくホットワードだ。

 

セルフブランディングしたほうがいい、そしたら信用も金も人も集まってくるから。

 

そんなことをずっと宗教のように信じ込んできたけど、セルフブランディングってなんどろう?釈然としなかった。

 

それを、雨宮さんは簡単に言ってのける。

 

セルフブランディングなんてものは、「自分はこういう人間です! 覚えてくださいね!」ってことなわけです。だから別に、こっちのことを理解してもらえるんなら肩書なんていらないわけですよ。(雨宮紫苑)

 

これを聞いて、自分が犯そうとしている過ち、また多くの人がおかしそうな過ちについてピンときた。

 

人は、良い肩書を求めがちだ。特に、男は見栄というものをとても気にする生き物だ

学歴もそうだし、なにかの役職、実績を持ちたがる。

 

肩書があれば、名前を売ることができて、覚えてもらいやすい。自慢もできる。

それがジャッケットにつけられた金ピカのピンバッジみたいな装飾で、かっこいいと思っているからだ。

 

でも、そのピンバッジは本当に必要なのだろうか。取り繕った見栄=ピンバッジよりも、内面=ジャケットを磨いていくことが大事なのではないか。実際、学歴が良くて仕事ができない人や、肩書を言い訳にして生きている人は苦しそう。

 

だから、ブログを書くのだ。

 

ん?考えが飛躍した?

いや、雨宮さんの答えが真だと思う。

 

セルフブランディング=自分をアピールして覚えてもらうこと 

 

自分の考えを発信し、自分をアピールするそのために、ブログを書く。

ブログ以外にアウトプットの場がある人は(講演、発表、コンテストなど)そちらでやってもらって構わない。だが、ブログというものは個人のSNSと繋がり、GoogleSEOで検索でき、365日24時間無料で自分のことを宣伝してくれる非常に優秀な広告なのである。

 

受験生や就活生こそブログをやったほうがいいと思う。

なぜなら、面接試験の僅かな時間では自分の思いは伝えきれないと思うから。

 

伝えきれないと思いを届ける覚悟で、

これからはブログを書いていこうと思う。

 

名言3まとめ

  • 肩書は重要ではない
  • セルフブランディング=自分をアピールして覚えてもらうこと
  • ブログは365日24時間無料で自分のことを宣伝してくれる非常に優秀な広告

 

雨宮さんの記事はこれからも引用していきたい!

他の記事も読んでみて。

www.amamiyashion.com