くろちゃん日記

くろちゃん日記

高専入学試験・カメラ・大学編入試験

【東大編入学1ヶ月】内部から見た東大は想像以上に好印象

東京大学に編入学し、1ヶ月が経ちました。毎日が新鮮な経験ばかりのため、本当に濃い1ヶ月を過ごすことが出来ました。

 

地元愛知を離れ、6年間通った高等専門学校を離れ、ずっと暮らしてきた家族と離れることは寂しくもありました。

 

しかし、不安よりわくわくの要素の方が大きく、それは「ここまで経験を積んできた自分ならなんとかなるだろう 」という根拠の無い自信によるものでした。

 

f:id:taku00:20180425154606j:plain

 

海外生活を経験し、国内を旅し、地元の人と関わり、高専で専門教育を5年間も受け、いわゆる「視野」は広いほうであると思っていました。3年次まではもう学校で学ぶことなどなく、あとは技術を身につけることがしたいと思い、高専卒業後は就職しようと考えていました。 

 

そんなとき、大学編入した先輩方の話を聞く機会がありました。校内外で活躍する先輩方の話を聞いて、そんな世界もあるのかと驚くばかりでした。

 

「まだ自分にはこの能力が足りない」という焦りよりも、「まだ自分にはこの能力が付け足せる」という期待感が高まっていきました。

 

そして1度しかない人生、挑戦してみようと思い、結果東大生として新たな挑戦をさせてもらえることになりました。

 

kurochan00.hatenablog.com

 

今からお話する「高学歴信仰」についても、私は長い間反対の考え方を持っていました。東大に進学する必要なんてないと思っていました。

  

今回は、日本で雲の上のように思われている東大が、東大生が、実際はどうなのかのかについて語りたいと思います。まだ1ヶ月しか経っていないので、私の意見は1ヶ月間で経験させてもらったことから考察できることであり、全体に当てはまるとは言えません。しかし、それが後から振り返って見て見たときなど逆に価値のある視点だとも思います。

 

ひとつ結論を言ってしまうと、ここはただ受験勉強が得意な人があつまる場所ではありませんでした

 

kurochan00.hatenablog.com

 

 

 

 

リアルな東大生

東大入学前、「東大生も高専生もそんな変わらんやろ」と常に言っていました。それは、二者に共通しそうなポイントがたくさんあるからです。

 

以下にその一部を挙げます。

  • 入学前は優秀だった
  • 入学後に勉強のやる気なくす人多数
  • 普通に落単、留年の危機がある
  • 女の子が少ない
  • 正装はチェックシャツにメガネ
  • でも実際は少なく最近の流行りは…
  • 自由な校風のため金髪や赤・青髪もいる
  • しかし9割は黒髪
  • たまにめっちゃ白髪の人いてストレス抱えてそう
  • チャラい系とオタク系でクラスが二分割(以上)される
  • スマホ中毒者多数
  • Twitter廃人多数
  • 世の中のことをあまり知らない(閉鎖的)
  • 将来の夢がある人は少ない
 
以上の項目は、少なくとも私の通っていた高専ではそうでした。高専に限らず、一部男子校でも同じような傾向があるのではないでしょうか。
 
ええ、こんな場所なんですよ。共学行きたいなあ。
 
そして、このような性質を持つ高校生・高専生と東大生が同質であるとする根拠には以下の事実があります。
 

男子校・女子校出身が多い

 
 
データにも表れているように、東大生は圧倒的に男子校・女子校出身者が多いです。その理由を記事中ではこのように考察しています。

そして、東大合格者数ランキング上位に来るような伝統校においては恐らく、長い歴史の中で自然に、男女それぞれに最適化された教育が行われるようになったのだろう。

競争させるのか、共に高めあわせるのか確かに授業方針が立てやすいと思います
 
それもあると思いますが私の見解はもっと単純で、勉強するのに女はいらないぜってことだと思うんです。だって、気が散るから。無駄なことを考えてしまうから。
 
そんなことを考えるよりも、「この受験で合格したらモテるだろうな(根拠のない確信)」のような不純な夢を見ていた方がモチベーションになると思うのです。
 
だから、男子校、女子校、そして男子高専生は強い。
 
ここで、女子校出身者(特に最強の女子校、桜蔭高等学校)もいるため、以下の説を検証してみます。
  • 女の子が少ない

実際、東大女子はいます。2018年度入試では合格者3083人中女子580人(18.8%)でした。

 

もっとも、高専も同じくらい女子いたような?

さらに工学部に進学したら少なくなるよね?

 

授業中、それも「ベクトル解析」などの理数系科目において教室に男性しかいないことはざらにあります。工学部編入生のため理科一類のクラスと同じ授業を取っていますが、35人中3人です。

 

一番女子比率の小さい科類とはいえ、少ないです。

 

結論:東大も女子は少ない

 

東大女子は可愛い

 

男だらけの蒸し暑い教室から抜け出し、キャンパスを歩いていると思います。

 

結構かわいい子多いかも?

 

論より証拠、自分で写真を見て判断してください。

 

stems-ut.jp

twitter.com

 

自分で「東大美女」と名乗っている彼女たちですが、呼ばせてあげても良いかと思いますね。実際にモデル事務所に登録していたり、テレビ番組のレギュラーだったり、アナウンサーになる人もいるくらいなので。

 

高専にいる頃に比べて目の保養度は高まりました。

 

しかしながら、女子校出身者も多いことから1女(1年女子)は化粧の仕方をわかっていないと私の友達は言います。賢い彼女らが化粧を覚えるのは、時間の問題でしょう。

 

その点においては16歳から技術を磨いてきた『キラキラ高専ガール』に軍配があがると言えるのではないでしょうか。

 

大きく分けると2タイプ

 
壮絶な青春を過ごしてきた男子校出身者にとって、東大での生活はキラキラしたものに眼に映ります。周りに女の子がいる、そしてサークルに入ったら夢にまで見た女子との交流ができる!生き生きとして毎日楽しそうに学校に通っています。
 
しかしそのうち、「この受験で合格したらモテるだろうな」という甘い夢は偽であったと気づき、モテない現実にショックを受けます。そして、ここから2タイプに別れます。
 
タイプ1:ウェーイ
新しいこと始めたい、いろんな人と交流したい、自分の視野を広げたいという大義名目でインカレサークルなどに入り女子とのワンちゃんを狙う1男(1年男子)
 
タイプ2:ガチプロ民
自分の本質は勉強だと思い直し、司法試験勉強、ベンチャーインターンなどに励むガチ勢
 
前者は結果としてコミュニケーション能力、対人能力などが身につき、人間力が大幅に上昇します。サークル長など勤めればマネジメント能力、リーダーシップも身につき社会で重宝される人材になるのではないでしょうか。
 
後者は言わなくてもわかる、つよい人種です。尖った個性と技能が東大ブランドに包まれて、彼らに任せればなんでもしてくれるという安心感を生み出します。次世代を担う人材間違いなしです。
 
どちらの選択肢も間違っていません。また、東大生でこのいずれの道も選ばない学生は稀有だと思います。だからどんな人に出会ってもこいつ、すごいなと尊敬できます。
 
しかし、この両方のタイプを併せ持つ人が少ない
 
前者だけでは中身のともわないリーダーになってしまうし、後者だけでは人脈構築、社会性など基本的なところをおろそかにするし何より楽しくない
 
だからこそ、私は両方のタイプを併せ持つ東大生になりたいと思い、行動しています。もしこの記事を読んでいて共感した方がいればご連絡ください。
 

東大用語・独特の文化

 
先ほどから何度も使っている「1男」「1女」はそれぞれ「1年男子」「1年女子」の意味で、「いちだん」「いちじょ」と読みます。
 
これを言い換えて使う意味は全くないのですが、使ってしまうのは東大の文化に染まってきた証ですね。だって合理的で語呂が良くわかりやすいから。
 
そんな東大用語を集めたものは以下で閲覧できます。
 
 
また、独特の東大文化というものが存在します。伝統の長い東大らしく、縦の繋がりをとても重視する学校だなと感じました。
 
例えば、オリ合宿。これは新入生が入学する前、去年同じクラス番号だった2年生クラスが1年生クラスを旅行に連れて行くというものです。旅行だけでなく、過去問題の譲渡や文化祭クラス出店要綱なども渡されます。何が問題があればこの先輩に聞けばいいというこの繋がりは重要になります。
 
ちなみに、編入生にはクラス分けがないのでこのように丁寧に扱われません。
 
サークルでも同じ大学、同じ科類の後輩というだけで可愛がられます。
 
このように、先輩と、特に一年生は二年生と交流する機会が多くあり気軽に相談できる空気が出来上がっているところが利点です。
 
ちなみに、編入生は「実は3年生なんですよね」というと上級生の立場を混乱させてしまい一歩置かれて対応される気まずい状況によく遭遇します。
 

性格の共通点

 

1学年3000人もいる東大生、それぞれ個性が強く異なっているのかと思っていました。確かにそうでした。でも、一点だけ共通することがありました。

 

自信

 
「俺はセンター試験、二次試験を勝ち抜いた」
「私は他に何もなくても、勉強はできる」
「僕は東大生」
 
最難関だと言われる大学に合格してきた人はやっぱり、姿勢が違います。目が違います。マインドセットが違います。
 
自信がなさそうで終始なよなよしている人は一人も見かけません。特定の分野で劣っていても、自分の得意分野になると生き生きとしています。
 
この自信の持ちようとそこから生まれる行動について「イキリ」と表現する人もいます。鼻が高くなり自慢話をすることで、周りに不快感を与える行動全般を指します。私は「イキリ」が必ずしも悪いことだとは思いません。これからの時代は自分のできること、自分の成果をしっかりアウトプットすることが大事になってきて、セルフブランディングのためにイキることはその人の実力が伴っているのであれば、承認するし賞賛してあげるべきだと思います。
 
だから、イキる東大生に会ったら、その人の話をしっかり聞いて、自分の五感すべてを使って、その人の言葉の裏の本当の価値を見出したいと思います。
 
ただ単に悪い意味で自信がある東大生がいることも事実で、満員電車でリュックサックを降ろさない東大生や道いっぱいに広がり周りに気を配れない東大サークルは間違った自信の使い方をしています。
 

 

さらに、これは「根拠のない自信」ではなく、「東大生という根拠からくる自信」のため何があろうともこれから一生持ち続ける確信であり、それは自分の財産となります。この財産の使い道を誤らないでください。
 

高専と東大で14の比較

 

総論として、最初にあげた高専と東大が似ている理由をあげました。

黒色は肯定で、赤色は否定です。

 

  • 入学前は優秀だった → 入学後も優秀
  • 入学後に勉強のやる気なくす人多数 → 勉強ガチ勢もいる
  • 普通に落単、留年の危機がある →  休学という選択肢も増加
  • 女の子が少ない →  約二割
  • 正装はチェックシャツにメガネ → イカ
  • でも実際は少なく最近の流行りは袈裟斬り

f:id:taku00:20180509155837j:plain

  • 自由な校風のため金髪や赤・青髪もいる
  • しかし9割は黒髪
  • たまにめっちゃ白髪の人いてストレス抱えてそう →  流石に1年生にはいなかった
  • チャラい系とオタク系でクラスが二分割(以上)される →  ウェーイとガチプロ
  • スマホ中毒者多数
  • Twitter廃人多数 →  Twitterやってる率は減った
  • 世の中のことをあまり知らない(閉鎖的) →  一般教養の知識が段違い
  • 将来の夢がある人は少ない → そのために東大に来たような(1,2年は一般教養)
だいたい同じじゃね??
 
結論:
東大生 =  高専生 +  真面目 +  一般常識 +  自信  -  高専5年間の燃えるような青春()

 

 

みんな気になる東大の授業

 

次に、みんな気になっているであろう東大の授業について書きたいと思います。

 

編入生の時間割例

くろちゃんの場合(3年1回目Sセメスター)

f:id:taku00:20180509162349p:plain

 

まず、取っている授業から話さないと理解できないのでこちらにまとめます。

 

前提として、東大は2セメスター・4ターム制です。

www.todaishimbun.org

 

春から夏にかけてS1タームとS2タームがあるがその間でだいたいの授業は継続しており長期休みがあるわけでもないので、実質二学期制と考えてもらえばいいでしょう。

 

このS1、S2ターム合わせてSセメスターの間に、編入生は以下の一般教養の単位を取らないといけません。

 

ピンク色の科目は語学系です。基本的に第二外国語を6単位と英語を2単位取る必要があります。高専での単位が認定されることもありますが4、5年のうちに取った単位数の半分となっているため非常にシビアです。ほとんどの人は変換されません。

 

黄色の科目は総合科目(文系科目)です。A~D系列というジャンルに分かれており、シラバスを見ながら興味のある科目を「二系列に渡り6単位」という条件で受講する必要があります。

 

水色の科目は総合科目(理系科目)です。E,F系列というジャンルに分かれており、シラバスを見ながら興味のある科目を「二系列に渡り6単位」という条件で受講する必要があります。

 

生命科学は唯一の必修科目です。単位変換はきかないと思います。

 

残りの緑、紫の科目はそれぞれ初年時ゼミナールと主題科目です。これはどちらとも大学のゼミのような形式で、少人数で行うアクティブラーニング形式の講義です。初年時ゼミナールでは論文の読み方や調査の手法、レポートの書き方を学びます。主題科目は私はデザインに興味があるのでこれを選びましたが、これが学問?というような科目も多数存在し、面白いものばかりです。

 

万が一単位を落とした場合を想定して保険の授業を受講しているので週に15コマとなっています。4ターム制のため1授業105分であり、週26.25時間です。他大学編入生と比べるとどうしても多くなってしまいますが、1日全休を作れるくらいの余裕はありました。

 

授業の速度は高専の5倍?

 

以前、ZENPENで先輩東大編入生の話を伺ったとき、東大の授業のスピードは高専の倍であると聞きました。

 

高専でもそこまで成績に自信のある方ではなかった私は、そんな東大の授業についていけるかと不安な気持ちも心の底でありました。実際に授業を受けて思いました。

 

語学系・理系科目のスピードやばい。高専の5倍はある。

他の科目ちょろくね?

 

1、2年制と一緒に一般教養の科目を受けているので、まだ私は東大の授業レベルを正当に評価できる時点ではないと思います。専門の授業が始まってから、高専で既習した科目の復習が終わってから判断を出したいです。

 

ただ、この総合科目の授業には二つの目的があります。

①東大生に一般教養の知識を身につけさせること

進振り(学部選択)の参考としてもらうこと

 

このうち②が厄介です。それぞれの学部の教授が、うちに来るとこんなことが学べるぞと授業中に勧誘してきます。統計学の基礎も習わないまま物理学に落とし込んで、計算過程をいろいろ飛ばして物理学面白いでしょと主張してきます。

 

編入生にとって統計学は勉強したからわかるし雰囲気はつかめるけど、もし自分が一年生の立場だったらと考えると気の毒でなりません。

 

平均、分散から始まり正規分布、二項分布、ポアソン分布まで統計学を1授業で終わらせたあの物理の先生と、偏微分の説明から始まり勾配、発散、回転を1授業で説明した数学の先生。恐ろしいです。

 

また、言語の授業はスピードが早い上に難解です。英語は英検一級レベルの単語と文法が並ぶ長文を毎回1レッスンのスピードで終わらせていきます。第二外国語は言語とクラスにもよりますが、私のクラスはなかなかしんどいところでした。二人の先生が隔回でやるため授業スタイルがなかなか確立しない上にスピードが早く、テキストの難易度が高すぎました。語学系科目はテキストの選書があっていないと思います。

 

文系科目は楽勝です。なぜなら、レポート提出だから。授業を聞いていなくても、レポート一発勝負ができます。話している内容も、授業の選択を世界史などと誤らなければ予備知識なしで大丈夫です。

 

初年時ゼミナールと主題科目は楽しいです。TAや教授に気軽に質問することができるからです。恐らく編入2年目からはこういった少人数授業が増えていくことと思いますが、トップダウンの詰込み型ではなくて問題発見・解決型のこのような授業こそ私が大学の授業に求めていた姿であり、非常に満足しています。

 

受講スタイルの変化

 

思い返せば、中学校、高専、大学と受講スタイルは変わってきました。

 

中学では「高成績を取るための受講 」をしていました。これは授業態度点を取るために授業で発言をする、宿題をやる、先生に聞きにいくなどです。

 

しかし、この授業態度点は高専入学と同時に廃止されました。

高専では「単位を取るための受講」に切り替わりました。好成績を取る必要性が見当たらなかったためです。課題点◯%、テスト点◯%と厳密に決まっていたことを利用し、ギリギリ単位が出る成績を死守しました。授業中寝ていたとしても結果さえ出せば良い、そんな高専の合理的な考えはとても納得のいくものでありお世話になりました。

 

5年間続けたのち、また受講スタイルを変えるときがやってきました。

 

語学系授業ではいまだに存在しますが、その他の授業では「クラス」という概念が消え、それに伴い、出席の義務がなくなりました。これは大きなことだと思います。特に、プログラミング系の授業では受講者数分のパソコンがそもそも用意されていないため、自宅で学習することは暗に認められています。「面白くなかったら帰ってもいいからね」という教授もいます。

 

さらに、学内のシステムで授業プリントのダウンロードができるため、聞いていない授業に出席する意味がなくなりました。そもそも、自分の勉強法は良い参考書と紙とペンさえあれば良いので、受講しなくていいという選択肢は目から鱗でした。

 

これから大学でどんな受講スタイルにするのかはまだ決められていませんが、教授によって変える必要があるのではないかと思っています。負担はかかりますが徐々に慣れていきます。

 

 

今一番楽しいのはサークル

 

サークル5,6コ入るって言ったらびっくりされるけど、だって大学ってそういうところでしょ?要するに人脈作りでしょ?

 

 

最高の新入生歓迎体験

 

まずはこちらの写真を見てください。これはテント列と呼ばれる、新入生歓迎活動の一部です。

 

f:id:taku00:20180509174347j:plain

f:id:taku00:20180509174509j:plain

f:id:taku00:20180509174516j:plain

 

この熱気。混雑。一目見ただけでやばいと本能が叫ぶ。テント列についてあらかじめ予習していましたが、これほどまでとは思いませんでした。

 

togetter.com

「テント列」とは、諸手続の日のキャンパスに出現する激烈なサークル勧誘ゾーンです。それを楽しむ人もいますが、例年通過するのに数時間かかることもあり、不愉快な思いをする新入生もいるようです。テント列で時間を無駄にしたくなければ、諸手続後の誘導路の中途に設けられた迂回路を通りましょう。

 

危険だから避けろと言われていますが、一生で一番モテる日とも言われるこのイベントを逃していいはずがありません。私は、挑みました。

 

(編入生の方へ)

編入生はこの日、新入生のように諸手続きを行わないので呼ばれません。自発的に現地赴き、一号館出口、テント列開始地点に立っているオリエンテーション委員会の係の人に申し出ましょう。来年から編入生も混じれるようにお願いしましたが自分で言った方が確実です。

 

テント列では、ほぼ全てのテントに引き込まれました。最後にはクタクタでしたが、それぞれのサークルの良いところを必死にアピールする先輩(年下)の姿が健気で、聞いていて楽しかったです。これこそ憧れの大学生活!という充実感を得ることができました。

 

結局、抜けられたのは予定を大幅に超える4時間半後。もらった紙袋が破れるほどの大量のチラシを持って、今後の新歓タダ飯スケジュールの作成に取り掛かりました。

 

「新歓コンパ」「新歓食事会」「生協コンパ」

チラシにはこう言った文面が書いてあります。無料で食べれる物もあれば、500円で食べ放題に行けるものもあります。ほんと、東大のサークルは金をかけて新歓活動に必死です。これは乗っかるしかありません。

 

また、最近問題になっているお酒の強要は全くないので、安心してください。

 

 

興味のある活動をしている人とご飯に行き、たくさん話し、知り合い、そしてタダで食べられる。これほど美味しいイベントはありません。実際に、新歓活動のおかげでたくさんの友達ができました。

 

 

サークルに入りたいと思っていても、思わなくても、新歓には絶対行った方がいいです。

 

サークルにおける編入生の立場

 

ただし、気軽に新歓にいけないただ一つの障害があります。それは、編入生ということです。

 

サークルの新歓担当は2年生が多数であり、自分よりも年下なのです。年上を新歓するとなると若干距離を置かれてしまうため、それはなるべく避けたいところです。

 

私もこの問題に数多く直面しました。その時、私は使い分けました。やはり正直になった方が後々良いため、これからも付き合っていくだろうなという人には「編入した3年生です」と言い、これ一度きりかなという人には「1年生です」と言ってきました。嘘をついたことに関して申し訳なく思っています。しかし、それで誰かが不利益を被ったわけではなく、編入生という話題を出すことで生じる会話の滞りや気まずさを考えると仕方のない判断だったのかと思っています。


 

こういった無知から生じる「内なる差別」が編入生に対して働くこともあり、編入学と入学は同等ではないということをこれからは推していきます。

 

くろちゃんが入会を決めた5つのサークル

 

私が入ったサークルは現時点で5つあります。 

 

 

起業サークル Bizjapan

 

f:id:taku00:20180509182634j:plain

 

Bizjapanは、グローバルな視座とアントレプレナーシップを核とした、多種多様な人やプロジェクトの走り出すプラットフォームです。

 

紹介するときに、「起業サークル」と言っちゃってますが、実際に起業するわけではなくて起業家思考のある若者がたくさん集まっている場です。さらに、日常会話やSlackでのコミュニケーションは英語を使うなど超意識の高い集団です。一番時間割くかなって思ってます。

 

 

デザインサークル designing plus nine

 

f:id:taku00:20180509183327j:plain

 

デザインサークル!?なんのデザインするの?

よく聞かれます。主にはチラシとWebページです。しかも、お給料発生します。

私もデザイン思考とか好きで、ここのゆるい雰囲気もあってめちゃめちゃ楽しいです。

 

 

写真部  東京大学写真文化会

 

f:id:taku00:20180509183805j:plain

 

写真が好きなので、高専でも写真部に入っていたので、東大で入らないわけには行きませんね。新歓撮影会ということで、上野動物園に行ってまったり撮ってきました。ここもゆるい感じで、良いです。

 

 

勉強会サークル 東京大学訪問勉強会

 

f:id:taku00:20180509184336j:plain

 

≪最前線×訪問×対話×社会体験≫
法曹界、メディア、ベンチャーをはじめ、様々な分野の第一線でご活躍されている方々を訪問するサークルです。1回目の新歓で既に、貴重な出会いを果たしこれからがワクワクです。

 

お料理サークル カラメルビター

 

f:id:taku00:20180509184632j:plain

 

渋谷のレンタルキッチンを借りて、月に一回程度料理しています。一人暮らし始めたので絶対必要なスキル。頑張ります。

 

入ったサークル以外にも、どのサークルを見ていても思うのが広報活動の本気度がすごいということです。どのサークルにもチラシが存在し、Twitterアカウントは機能しています。すごいところはLINE@で定期的に情報を流したり、ホームページを運営しています。こういうサークルに本気になっちゃう東大生、好きです。

 

 

施設自慢

 

まず、東大と一口に言っても複数のキャンパスがあります。本郷、駒場、そして柏キャンパスです。ほとんどの編入生は柏キャンパスとか変わらずに過ごすと思うのでここでは割愛させていただきます。

 

f:id:taku00:20180509223807j:plain

有名な赤門、そして安田講堂のある本郷キャンパス。立地は上野の方で、アカデミックな雰囲気のある古い建物が並びます。5月中旬に5月祭という学園祭があります。最近ニュースで話題の中央食堂もこちらです。

 

ほとんどの学部および研究所がこちらの建物にあり、3年生以上はこちらに通っている人がほとんどです。

 

f:id:taku00:20180509222803j:plain

あまり知られていないこのキャンパスは、東大の1・2年生そして一年目編入生が通うキャンパスです。

 

本郷にはいつ行っても観光客で賑わっているのに、こちらには学生以外全く寄り付きません。実は渋谷から歩いてこれる好立地の割に、草木が生い茂り、森です。

 

 

東京大学は、北海道大学に次いで2番目の敷地面積を誇ります。日本各地に点在する53の施設を含めての数字ですが、実に日本の国土の千分の一ほど。北海道大学が位置する場所を考えると、これだけ広い面積を持っていることに驚きます。

 

学食は食堂が今年リニューアルされたこともあり、美味しく、バランスも良く、私は好きです。定食なら一食400円くらいで食べられ、バリエーションも豊かです。最近私は弁当作りにはまっているので食べていませんが。

 

何より、東大の教授も絶賛するのが、大学で契約している資料の数です。これは図書館の蔵書に限らず、学内から読める論文のデータベースの契約本数も含みます。他大学では見ることのできないような出版社とも契約を結んでいるため、論文が気軽にダンロードできることが利点であると教わりました。私はまだ高専卒業論文でしか論文を自発的に読もうと思ったことがありませんが、これからありがたみを感じる時が来るのではないかと思います。

 

 

まとめ 

 

 

チャンスを求め、東京大学にやってきました。

ここには、私が想像していた以上のチャンスがありました。

 

正直、東京での生活が充実し過ぎていて海外留学や海外インターンシップのモチベーションが低下してしまいました。ここには勉強、サークル、課外活動、やろうと思えばなんだって始められるリソースがあります。海外に行かなくたって、視野は広がりました。

 

単位も認められないし、サークルもこっちのが楽しいし、こっちの子の方が断然勉強できる環境にあるし、今まで高専で頑張ってきたことはなんだったんだろうと思ってしまいます。早めに気づいて行動していたからよかったものの、高専の中だけで一番になろうとするような取り組み方をしていたら、編入して確実に周りの自信の渦に埋もれてしまっていたでしょう。代わりに、校外活動でも自分らしく、楽しいと思えることに取り組んできたから、今の私の姿があります。

 

f:id:taku00:20180509231457j:plain

 

そして、これからは東大への適応することをやめ、私の高専や愛知県での経験を東大に、東京に、フィードバックしていく時期に入ると思います。

 

東大には、面白い若者がたくさんいる。私はそう信じています。

 

そんな東大の面白い若者たちと、挑戦を始めます。

田舎から上京して1ヶ月 東京の真実は「生活しやすくて暮らしにくい街」

大学編入のため、愛知のど田舎から、東京の超都会に引っ越しました。早くも1ヶ月が経ちました。この1ヶ月は本当にあっという間でした。色々な出会いと体験がありました。間違いなく自分の人生の中で最も刺激的な1ヶ月だったと思います。今の気持ちを忘れないうちに、振り返ってみようと思います。

 

小さい頃から都会への憧れがありました。小学生のころはヨーロッパの方で4年半住み、中学生のころ「遊び場はラウンドワンもしくはイオンではないショッピングモール」みたいな微妙に小さい町に住み、高専2年次に車で15分走らないとコンビニすらない土地に引っ越しました。特に、目の前は田んぼと神社。最終バスは21時半という田舎での暮らしは私の価値観をガラリと変えました。言わずもがな、不便なので、東京では生活も便利になるし楽しいだろうなと思っていました。

 

f:id:taku00:20180429091821j:plain

 

その反面、面積は狭く、人とサービスが飽和しており本当の「幸せ」を見失っている人が多いのではないか。そして、今はインターネットが発展しているため、地域格差はそれほど感じないのではないか。そんな考えを持っていました。

 

間違っていました。

 

東京と愛知はもはや違う国です。地域格差は存在します。 実際に住んでみないと、 成ってみないと、分からない。この考えは正しかったようです。 

 

実際に住んでみて、通ってみて、体験した、新鮮な意見を伝えたいと思います。

 

 

kurochan00.hatenablog.com

 

 

 

 

東京に来てよかったこと

 

f:id:taku00:20180429092455j:plain

 
『PM 11:40』

こんな時間になっても渋谷には人通りが絶えない。

夜は、東京に来て好きになった時間だ。

 

交通

f:id:taku00:20180429092206j:plain

 

夜、人が街に集まる理由として、まず交通網の発達が挙げられます。間髪挟まず次々にやって来るメトロ、0時を越しても周り続ける山手線、どこまで乗っても200円の市バス、町中を走るタクシー、UBER

 

一点から一点に移動しようとした時に、いくらでも選択肢がありいちいち比較しなければならないのが東京人の悩みです。

 

都心の路線図は汚いとバカにされることが多いですが、でもやっぱり交通手段は多いに越したことはありません。めちゃくちゃ恩恵受けてます。

 

お店 

f:id:taku00:20180429093256j:plain

 

なんでも買えます。買えないものはありません。

 

よく行くデパートに東京ドームシティラクーアがあります。ここは東京ドームの真横、ジェットコースターやウォータースライドがある隣に位置する複合施設です。ファミリー層をターゲットにしているため、有名どころのファストフード店はなんでも揃い、ババガンプシュリンプや叙々苑があるのがこの場所です。ショッピングに関しては無印良品ユニクロがあり、最寄駅構内にダイソーもあるので、ね、もうそれだけあれば十分じゃないですか?

 

でも、「レトロな街並みが好きだ」「アンテークやナチュラルな小物やカフェ巡りがしたい」という意見の人もいるでしょう。僕もそんな意見の持ち主の一人です。大丈夫。東京がそんな人のニーズを汲み取っていないわけがありません。

 

産直市場やマルシェだって各地域で開催されています。実際、都心で三箇所、めちゃめちゃエモい商店街を見つけました。また別の記事でご紹介したいと思います。

 

電子決済

f:id:taku00:20180429092140j:plain

中国でめちゃめちゃ進んでおり日本での普及が渇望される電子決済ですが、少なくとも僕の経済圏では、結構普及してきているんじゃないかなという印象を受けました。

 

基本的にクレジットカードと交通系ICカードを持っていれば、どちらかで決済が可能です。実際、こっちにきて現金支払をしたのはコピー機、イベント受付と飲み会の割り勘くらいです。便利じゃないですか。ポイントは貯まるし、店員さんも楽だし、何よりスマート。

 

未だにICカード乗車できない愛知環状鉄道ってなんでしょうね(平成31年春導入予定)。早くキャッシュレスな世界が実現してほしいです。

 

交通系ICをまだ持っていない人は自分の地域でもいいので、必ず作りましょう。こちらでも使えるし、地元の物を持っていると話のネタになります。

 

diamond.jp

 

東京って、すごく生活しやすいです。今まで住んできた場所の中で間違いなくNO.1です。居心地が良すぎて、多少の不便があっても、もうここでいいじゃないかと許してしまいそうです。

 

東京に来て不満なこと

 

f:id:taku00:20180429092604j:plain

『AM 06:10』

朝日の差し込む窓を開け、 ムッとした空気を味わう。

「コツコツコツコツ」通りを歩く人の足音。

朝は、東京に来て嫌いになった時間だ。

 

とにかく、人が多いんですよ。学生じゃないのに便利だからって大学周りに住まないでほしいですね。3分の1にしたいですね。

 

人が多すぎることは悪影響ばかりもたらしま

 

満員電車

f:id:taku00:20180429092206j:plain

一つ目に、満員電車。通学に電車を利用しており、毎日通学しています。8時半がピークだと聞いていたので外して7時半に行ったら腕を潰され、9時半に行ったら背中を殴打し、6時半に行ったら肩が触れる程度でようやく落ち着きました。毎日これが続くと思うと耐えられません

 

人間関係

二つ目に、信頼の薄さ。田舎に住んでいるとき散歩中にご近所さんに会ったら必ず「おはようございます〜」と言っていたのが、こちらでは全く挨拶しません。誰がご近所さんで、誰が観光客なのかわからないからです。満員電車で苦しくても、それを声に出すことはなくなりました。知らない奴には危険だから声をかけるな。今の自分の生活圏で満足しているから、これ以上"無駄な"交友を減らそう。そんなことを無意識に考えていそうで怖いのです。

 

そんな人間関係だからか、東京のパパママって子どもの扱い方が下手だなと感じることが多々あります。人混みの中走り回る我が子を注意せず、電車の中泣きじゃくる我が子をあやそうとせず、通りすがる人に抱きつく我が子を可愛いと言ってしまうその精神、僕にはわかりません。

 

いや、わからないですけど。微笑ましい家族も見たし、東京の全員がそうとは限りません。でも、こんな弱肉強食の競争社会に生きていると統計を取ってもそんな家族が多くなりそうな気がします。

 

自然環境

f:id:taku00:20180429091610j:plain

 

東京って意外と緑が多いんです。道路の脇に樹木が均等に植わっていたり、花屋が散見されたり、桜の名所もたくさんあって見ていて楽しいです。

 

でも、違いますよね。

 

私が求めている緑は、こんないかにも人工的に造られた自然ではなくて、もっと不恰好に、もっとワイルドに生きている自然。刈っても刈っても生えてくる草、その間からけたたましくなくコオロギ、私が一番美味しいんだからとビビッドに強調する野の花。そんな環境だから、良質な酸素が生み出される気がします。本当に、田舎にいた頃と比べて空気が不味い大自然でリフレッシュしたいです。

 

コンクリートジャングルのため、花粉症の時期はとても辛かったです。こちらに来て確実に症状が悪化しました。風向きによって室内でもくしゃみをし続ける人もおり、相性が合わないときついなという印象でした。

 

東京の夜空は何色か知っていますか?

 灰色です。

 

世界の終わりみたいな色しています。オリオン座を一度も見ていません

 

 まとめ

ここまで東京の利点と欠点を述べて来ましたが、どうでしょうか。私は東京で生活してみて楽だし、楽しいし、来て良かったと思っています。しかし、ずっとこの生活が続くと思うと、嫌になる瞬間もあります。愛知県にいながら、東京へ憧れを抱いてたまに遊びに来るくらいで良かったとも思います。

 

確かに、遊ぶ、働く、学校に行くといった生活のことを考えれば、東京に敵う都市は世界のどこの都市を探しても見つからないレベルだと思います。また、イベントや勉強会、大学は日本の場合は東京に集中しており、それらに気軽に参加できるというのはとてつもなく大きなアドバンテージだと思います。しかし、自分のライフスタイルのことを考えたときに、ここで一生幸福に暮らせるかといったら違うと思いました。

 

「生活」と「暮らす」の言葉の意味は異なるそうです。

 

「生活する」は、経済活動や衣食住などの習慣、手段など、日々の営みの具体的な側面に関して用いられます。一方、「暮らす」はこれに限らず、「生き方」などを含めたより広い意味を表します。

「暮らす」と「生活する」はどう違う?|日本語・日本語教師|アルク

 

自分の目指すライフスタイルは便利さだけで確立できないし、将来的に居心地の良いふるさと、田舎に戻ることになるんだろうと1ヶ月住んでみて、思いました。あと数年は東京で暮らしますが、花粉に耐えられなくなった頃、きっと、戻ります。

 

大事なことは、学生のうちにこのことが知れたこと。東京に実際に住んでみて田舎の良さを再確認することができました。両方を体験したから言えることがあるし、自分の将来をおぼろげにも想像することができるようになりました。

 

f:id:taku00:20180429093029j:plain

 

こんな経験をさせてもらっている親に本当に感謝しています。

 

お父さん、お母さん、ありがとう。

 

東京で、頑張ります。

最近のブログ更新について

くろちゃんです。

 

まず、約束を果たせなかったことを謝罪させてください。

高専入試の解説記事、期日内に書ききれません。ごめんなさい。

 

ブログは書けないけど、どうしても聞いておきたいということがあればできるだけ力になりたいです。コメントや、ツイッターでDMをください!

 

 

やっぱり、物理的に無理なものをできるって言っちゃいけませんね。

Twitterを見てもらえばわかるけど、今いろいろ立て込んでいます。

 

 

これを機に、SNSおよびブログ、ホームページなどWeb情報発信サービスの運用方法と方針を改めます。

 

これまで同様、自己満足のツールとして使って終わるのではなく、発信者と受信者がいるわけなので、

 

  • 有益な、正しい情報を提供してみんなに利益をもたらすこと
  • 自分の考え・価値を示してセルフブランディングをしていくこと
  • オフラインだけでは出会えなかったより多くの人と繋がること

 

この3つの目的の軸は変えず、情報発信をしていこうと思います。

 

落ち着いたらまたそのことについて書きます。

 

それでは。